即席麺だけじゃない 円安値上げで淘汰進む「ラーメン」業界

公開日:  更新日:

 日本の“国民食”である「ラーメン」が食卓から消える日が迫っ

 日清食品、東洋水産、エースコック、サンヨー食品など即席麺業界は、来年1月出荷分から、7年ぶりの一斉値上げに踏み切る。例えば、最大手の日清食品は、人気の「カップヌードル」「焼そばUFO」など約250品目の価格を5~8%引き上げる。

 前回(08年)の一斉値上げは、世界的な小麦の高騰が原因だったが、今回は円安による全コスト高の影響が大きい。ただ、最近の円安のペースが速すぎて、業界では「この先も値上げが続くとの見方が大勢を占めている」(メーカー関係者)という。

 消費者問題研究所の垣田達哉代表がこう言う。

「前回の一斉値上げの時のように小麦だけではなく、円安でエビや豚肉、ネギなどの原材料費、工場の光熱費、包装資材、物流費、人件費とすべてが上昇している。単価が安い即席麺は『利益』が取りにくくなっており、メーカーは頭を痛めているでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る