1ドル120円台突入 家計を直撃する値上げラッシュ加速

公開日:  更新日:

 円安が進み、4日のNY市場で一時1ドル=120円台をつけた。円安は庶民の家計には大打撃。値上げラッシュが加速している。

 4日、来年3月から「日東紅茶」の家庭用ティーバッグ17品目を5~10%値上げすることを明らかにしたのは、三井農林。円安に加え、原料茶の高値が追い打ちをかけたという。同社の値上げは1988年7月以来、実に16年半ぶり。

 食卓でおなじみのサケの値上がりも目立つ。輸入品が多く、円安が進んだことで、2年前より8割も値上がりした。年末年始が心配になってくる。

 加工食品の値段も高騰している。日本水産は来年1~2月出荷分から、若鶏の竜田揚げなど家庭用冷凍食品の価格を3~15%上げるほか、カップ麺(日清食品)、アイスクリーム(江崎グリコ)、カレールー(ハウス食品)など、身近な食品が高くなっていることが特徴だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る