【波除稲荷神社】築地の守り神「波除さん」

公開日:  更新日:

 地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は国内広しといえども唯一無二の神社「波除さん」です。

正式名称は「波除稲荷神社」。築地で生まれ育った築地っ子の中には、こちらが“名付け親”だという人が多いとのこと。新生児の無事成長を祈り、神社で命名してもらうのは珍しい話ではありませんが、「土地の特性も深く関係している」とは、第12代宮司の鈴木昭樹さん(61)。

「旧築地と旧小田原町と呼ばれる一帯は築地川のお堀で囲まれていました。地続きでなかったぶん、他の土地より地元意識や神社とのつながりが強かったのではないでしょうか。最近はいくつかの候補から選ぶ際に相談を受けるケースが増えています」

 創建は1659年。明暦の大火後、4代将軍・家綱が一帯の埋め立て工事に奔走していた際、たびたび堤防が荒波に崩され、作業は難航。ある日、海中に漂うお稲荷さんを発見し、現在の神社の場所に社殿をつくって祭ったところ、海は驚くように静まり、無事に完了と相成りました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る