• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【波除稲荷神社】築地の守り神「波除さん」

 地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は国内広しといえども唯一無二の神社「波除さん」です。

正式名称は「波除稲荷神社」。築地で生まれ育った築地っ子の中には、こちらが“名付け親”だという人が多いとのこと。新生児の無事成長を祈り、神社で命名してもらうのは珍しい話ではありませんが、「土地の特性も深く関係している」とは、第12代宮司の鈴木昭樹さん(61)。

「旧築地と旧小田原町と呼ばれる一帯は築地川のお堀で囲まれていました。地続きでなかったぶん、他の土地より地元意識や神社とのつながりが強かったのではないでしょうか。最近はいくつかの候補から選ぶ際に相談を受けるケースが増えています」

 創建は1659年。明暦の大火後、4代将軍・家綱が一帯の埋め立て工事に奔走していた際、たびたび堤防が荒波に崩され、作業は難航。ある日、海中に漂うお稲荷さんを発見し、現在の神社の場所に社殿をつくって祭ったところ、海は驚くように静まり、無事に完了と相成りました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る