• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【蓮まる】「家のみ」して帰る?

 地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回はこの1、2年で飲食店ができ始め、ちょっと面白いことになっている6丁目エリアからお届けします。

 築地本願寺裏手に位置する6丁目。賑やかな市場から少し離れただけなのに、オフィスや事務所がちらほらあるぐらいで、古民家が立ち並ぶ静かな住宅街になります。谷根千を彷彿とさせるのどかな路地裏。その一角に、外観からセンスの良さが感じられるカフェ&バー「蓮まる」があります。

「暖簾をかけているものの、場所柄もあってか、飲食店だと認識しづらいようで……最初は怖いもの見たさで来る人がほとんどです(苦笑い)」

 こう話すのは、店長の松原蓮之介さん(21)。オープンは昨年7月。若いお兄サンが一念発起して始めたのかと思いきや、家族が一致団結して営むお店でした。

 母親のオフィスがあった縁で西新井から築地への移住計画が持ち上がったのがそもそもの始まり。そう、住居にする予定で、卸業者の倉庫を借りたのです。現在、店になっているところは車庫になるはずでしたが、車がない時は何だかいい感じの空きスペースで――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る