【築地漬け亭】漬け人がやってます!

公開日:  更新日:

 地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は「漬け人」が切り盛りする漬け魚専門店です。

 美しい。掛け値なしにウマい。無類の魚好きの本紙記者ですが、すっかり、こちらの漬け魚のトリコになってしまいました。

「築地漬け亭」代表・影山亮さん(29)の肩書は「漬け人」。ちょっとした遊び心から名付けたそうですが、その仕事ぶりは本物です。路地裏にあるお店は人目に触れにくく、決して恵まれた立地ではありません。10年9月のオープンから大々的な宣伝を打つこともなく、ほぼ口コミ。確実に客の心をつかんで、ネット注文可能なHPを開設するまでに。贈答品としても重宝されているそうです。

 運営するのはこの地で30年以上、業務用切り身を専門に販売する「マルエイ交洋物産」。築地市場や商社から仕入れた鮮魚や冷凍魚を切り身などに加工し、主に給食や病院食として業務用商品を扱うBtoBの会社です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る