元慶大生の“就活全敗本”から学ぶ「面接官の心」を掴むコツ

公開日: 更新日:

 今年からルールが変更された就活戦線。戸惑う大学生も少なくないが、相変わらず就職難の荒波を乗り切るにはどうすればいいのか。

 新人作家の小野美由紀さんが今年2月に出版した「傷口から人生。」(幻冬舎文庫)が話題だ。自伝的エッセーで、慶大生でTOEIC950点もあった小野さんの就活の失敗(ナント50社落ちた!)だけでなく、壮絶な半生がつづられている。そんな中に有名おもちゃ会社の就職試験のエピソードが出てきて、この部分がまた読ませるのだ。それは学生6人、面接官2人のグループ面接だった。面接官が聞いたのは最近感動したこと。それぞれがボランティアの体験談などを話す中、眼鏡をかけてオタクみたいな男子学生の番になった。その時の様子がエッセーに出てくる。

〈彼は、ゆっくり、ゆっくりと、一語一語、話していった。『あれ、そういえば、昨日より、少しだけ暖かいぞ。そう思って、ふと、顔を上げたら』 彼はそこで、つい、と顔を上げた。『桜が、咲いていたんです』〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  10. 10

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る