元慶大生の“就活全敗本”から学ぶ「面接官の心」を掴むコツ

公開日: 更新日:

 今年からルールが変更された就活戦線。戸惑う大学生も少なくないが、相変わらず就職難の荒波を乗り切るにはどうすればいいのか。

 新人作家の小野美由紀さんが今年2月に出版した「傷口から人生。」(幻冬舎文庫)が話題だ。自伝的エッセーで、慶大生でTOEIC950点もあった小野さんの就活の失敗(ナント50社落ちた!)だけでなく、壮絶な半生がつづられている。そんな中に有名おもちゃ会社の就職試験のエピソードが出てきて、この部分がまた読ませるのだ。それは学生6人、面接官2人のグループ面接だった。面接官が聞いたのは最近感動したこと。それぞれがボランティアの体験談などを話す中、眼鏡をかけてオタクみたいな男子学生の番になった。その時の様子がエッセーに出てくる。

〈彼は、ゆっくり、ゆっくりと、一語一語、話していった。『あれ、そういえば、昨日より、少しだけ暖かいぞ。そう思って、ふと、顔を上げたら』 彼はそこで、つい、と顔を上げた。『桜が、咲いていたんです』〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る