元慶大生の“就活全敗本”から学ぶ「面接官の心」を掴むコツ

公開日: 更新日:

 今年からルールが変更された就活戦線。戸惑う大学生も少なくないが、相変わらず就職難の荒波を乗り切るにはどうすればいいのか。

 新人作家の小野美由紀さんが今年2月に出版した「傷口から人生。」(幻冬舎文庫)が話題だ。自伝的エッセーで、慶大生でTOEIC950点もあった小野さんの就活の失敗(ナント50社落ちた!)だけでなく、壮絶な半生がつづられている。そんな中に有名おもちゃ会社の就職試験のエピソードが出てきて、この部分がまた読ませるのだ。それは学生6人、面接官2人のグループ面接だった。面接官が聞いたのは最近感動したこと。それぞれがボランティアの体験談などを話す中、眼鏡をかけてオタクみたいな男子学生の番になった。その時の様子がエッセーに出てくる。

〈彼は、ゆっくり、ゆっくりと、一語一語、話していった。『あれ、そういえば、昨日より、少しだけ暖かいぞ。そう思って、ふと、顔を上げたら』 彼はそこで、つい、と顔を上げた。『桜が、咲いていたんです』〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

もっと見る