仕事に勉強に…中身がスイスイ頭に入る「目次読書法」のコツ

公開日: 更新日:

 読書の秋――。娯楽はもちろん、仕事や勉強のために本を手に取る人は多い。

 しかし、「内容が頭に入ってこない」「読むのに時間がかかる」「せっかく読んでも内容を忘れてしまう」な~んて悩みもよく聞く。ビジネス書を手にしても、コレではまるで役に立たない。

 帝京大学や福井大学などで編集的読書術を指導し、多くの“読書難民”を救ってきた小川玲子氏が言う。

「本には読み方のコツがあるんです。それが『目次読書法』です。いきなり本を読みだす人も多いですが、まず読む前に、目次をじっくり読むんです。これをやるとやらないとでは、読むスピードも記憶の定着も大違いなんですよ」

■キーワードをマーク

 目次読書法は、「多読術」の著者・松岡正剛氏が編み出した。小川氏はその読書法を受け継ぐひとり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る