仕事に勉強に…中身がスイスイ頭に入る「目次読書法」のコツ

公開日:  更新日:

 読書の秋――。娯楽はもちろん、仕事や勉強のために本を手に取る人は多い。

 しかし、「内容が頭に入ってこない」「読むのに時間がかかる」「せっかく読んでも内容を忘れてしまう」な~んて悩みもよく聞く。ビジネス書を手にしても、コレではまるで役に立たない。

 帝京大学や福井大学などで編集的読書術を指導し、多くの“読書難民”を救ってきた小川玲子氏が言う。

「本には読み方のコツがあるんです。それが『目次読書法』です。いきなり本を読みだす人も多いですが、まず読む前に、目次をじっくり読むんです。これをやるとやらないとでは、読むスピードも記憶の定着も大違いなんですよ」

■キーワードをマーク

 目次読書法は、「多読術」の著者・松岡正剛氏が編み出した。小川氏はその読書法を受け継ぐひとり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る