2割がリピーター 走るホテル「ななつ星」誰が乗っている?

公開日: 更新日:

 開業1周年を迎えた豪華寝台列車「ななつ星in九州」(全14室、定員30人)が相変わらずスゴい人気だ。昨年10月15日の運行開始から完売続きで、第5期(12月~来年2月出発分)の予約申し込み抽選倍率は平均33倍にも上っている。

 30億円投じた客室はオールスイート。著名シェフが腕を振るう郷土料理に舌鼓を打ちながら、車窓の景色を楽しみ、九州の観光名所をゆるりと周遊する。最低料金は1泊2日コースが18万円、3泊4日は43万円。最高クラスになると、それぞれ28万円、70万円(いずれも2人1室利用のひとり料金)。この1年で94本運行し、1303組2601人が利用したという。気になるのは客層だ。

「外国人旅行客にも72組128人にご利用いただきました。香港43人、シンガポール23人、台湾18人といった具合でアジア系が大半です。平均年齢は65歳。ご夫婦やカップル、母娘、友人といったところでしょうか」(主催するJR九州広報室担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る