わが家を救う“光コラボ” ネットとスマホまとめて通信費節約

公開日: 更新日:

 株価は高水準、給与もアップと世の中は少しばかり景気のいい話も出てきているが、一般家庭は相変わらずの「緊縮財政」。身近な生活用品や食品の値上げラッシュは続き、4月からはバターやチーズなどが上がる。それにこの時期は何かと支出が多くなる。家計はまだまだ厳しい状況だ。

 となると、当然、ビジネスマンの小遣いアップなど望むべくもなく、唯一の楽しみである仕事帰りの至福の一杯もしばらくは我慢を強いられそうだ。ここはしっかりやりくりしたいところである。今話題の“光コラボ”を使って家のネットとスマホをまとめるだけで通信費を安くすることができるというのだ。

 そもそも家計支出の中で意外とかかっているのが通信費、特にガラケーと呼ばれる従来型機種とスマホなど携帯電話の通信費だ。総務省の家計調査によると2013年の携帯電話の通信費は3年連続で過去最高を更新、10年前の1.4倍にも膨らんで全世帯の平均では年8万3099円にもなっているというからバカにできない金額だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る