わが家を救う“光コラボ” ネットとスマホまとめて通信費節約

公開日: 更新日:

 株価は高水準、給与もアップと世の中は少しばかり景気のいい話も出てきているが、一般家庭は相変わらずの「緊縮財政」。身近な生活用品や食品の値上げラッシュは続き、4月からはバターやチーズなどが上がる。それにこの時期は何かと支出が多くなる。家計はまだまだ厳しい状況だ。

 となると、当然、ビジネスマンの小遣いアップなど望むべくもなく、唯一の楽しみである仕事帰りの至福の一杯もしばらくは我慢を強いられそうだ。ここはしっかりやりくりしたいところである。今話題の“光コラボ”を使って家のネットとスマホをまとめるだけで通信費を安くすることができるというのだ。

 そもそも家計支出の中で意外とかかっているのが通信費、特にガラケーと呼ばれる従来型機種とスマホなど携帯電話の通信費だ。総務省の家計調査によると2013年の携帯電話の通信費は3年連続で過去最高を更新、10年前の1.4倍にも膨らんで全世帯の平均では年8万3099円にもなっているというからバカにできない金額だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る