わが家を救う“光コラボ” ネットとスマホまとめて通信費節約

公開日:  更新日:

 株価は高水準、給与もアップと世の中は少しばかり景気のいい話も出てきているが、一般家庭は相変わらずの「緊縮財政」。身近な生活用品や食品の値上げラッシュは続き、4月からはバターやチーズなどが上がる。それにこの時期は何かと支出が多くなる。家計はまだまだ厳しい状況だ。

 となると、当然、ビジネスマンの小遣いアップなど望むべくもなく、唯一の楽しみである仕事帰りの至福の一杯もしばらくは我慢を強いられそうだ。ここはしっかりやりくりしたいところである。今話題の“光コラボ”を使って家のネットとスマホをまとめるだけで通信費を安くすることができるというのだ。

 そもそも家計支出の中で意外とかかっているのが通信費、特にガラケーと呼ばれる従来型機種とスマホなど携帯電話の通信費だ。総務省の家計調査によると2013年の携帯電話の通信費は3年連続で過去最高を更新、10年前の1.4倍にも膨らんで全世帯の平均では年8万3099円にもなっているというからバカにできない金額だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る