• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

わが家を救う“光コラボ” ネットとスマホまとめて通信費節約

 株価は高水準、給与もアップと世の中は少しばかり景気のいい話も出てきているが、一般家庭は相変わらずの「緊縮財政」。身近な生活用品や食品の値上げラッシュは続き、4月からはバターやチーズなどが上がる。それにこの時期は何かと支出が多くなる。家計はまだまだ厳しい状況だ。

 となると、当然、ビジネスマンの小遣いアップなど望むべくもなく、唯一の楽しみである仕事帰りの至福の一杯もしばらくは我慢を強いられそうだ。ここはしっかりやりくりしたいところである。今話題の“光コラボ”を使って家のネットとスマホをまとめるだけで通信費を安くすることができるというのだ。

 そもそも家計支出の中で意外とかかっているのが通信費、特にガラケーと呼ばれる従来型機種とスマホなど携帯電話の通信費だ。総務省の家計調査によると2013年の携帯電話の通信費は3年連続で過去最高を更新、10年前の1.4倍にも膨らんで全世帯の平均では年8万3099円にもなっているというからバカにできない金額だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る