わが家を救う“光コラボ” ネットとスマホまとめて通信費節約

公開日:  更新日:

 株価は高水準、給与もアップと世の中は少しばかり景気のいい話も出てきているが、一般家庭は相変わらずの「緊縮財政」。身近な生活用品や食品の値上げラッシュは続き、4月からはバターやチーズなどが上がる。それにこの時期は何かと支出が多くなる。家計はまだまだ厳しい状況だ。

 となると、当然、ビジネスマンの小遣いアップなど望むべくもなく、唯一の楽しみである仕事帰りの至福の一杯もしばらくは我慢を強いられそうだ。ここはしっかりやりくりしたいところである。今話題の“光コラボ”を使って家のネットとスマホをまとめるだけで通信費を安くすることができるというのだ。

 そもそも家計支出の中で意外とかかっているのが通信費、特にガラケーと呼ばれる従来型機種とスマホなど携帯電話の通信費だ。総務省の家計調査によると2013年の携帯電話の通信費は3年連続で過去最高を更新、10年前の1.4倍にも膨らんで全世帯の平均では年8万3099円にもなっているというからバカにできない金額だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る