シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ピーナツアレルギー防ぐ「画期的な研究」 卵や牛乳で応用も?

公開日:  更新日:

 日本でも子供の食物アレルギーが大きな問題になっていますが、それはアメリカでも同じ。特に、命に関わることもあり、恐れられているのがピーナツアレルギーです。

 ところが、アメリカの大手医学情報誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンが、「ピーナツアレルギーにならないためには、もっと食べなきゃいけない」という研究結果を発表し、話題になっています。

 それによれば、赤ちゃんの時にピーナツを食べた子供は、食べなかった子供に比べ、ピーナツアレルギーが激減したというのです。

 対象となったのは、生後1カ月から4カ月で、すでに湿疹が出ている、つまりアレルギー予備群の赤ちゃん約600人。半分の赤ちゃんにはピーナツをまったく与えず、残り半分にはピーナツが含まれる食品を少量ずつ与えて5歳まで様子を見たところ、ピーナツを「与えなかった」赤ちゃんの14%にアレルギー症状が出たのに比べ、「与えた」方の赤ちゃんでアレルギーになった数はわずか2%にとどまるという劇的な結果になったそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る