シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ピーナツアレルギー防ぐ「画期的な研究」 卵や牛乳で応用も?

公開日: 更新日:

 日本でも子供の食物アレルギーが大きな問題になっていますが、それはアメリカでも同じ。特に、命に関わることもあり、恐れられているのがピーナツアレルギーです。

 ところが、アメリカの大手医学情報誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンが、「ピーナツアレルギーにならないためには、もっと食べなきゃいけない」という研究結果を発表し、話題になっています。

 それによれば、赤ちゃんの時にピーナツを食べた子供は、食べなかった子供に比べ、ピーナツアレルギーが激減したというのです。

 対象となったのは、生後1カ月から4カ月で、すでに湿疹が出ている、つまりアレルギー予備群の赤ちゃん約600人。半分の赤ちゃんにはピーナツをまったく与えず、残り半分にはピーナツが含まれる食品を少量ずつ与えて5歳まで様子を見たところ、ピーナツを「与えなかった」赤ちゃんの14%にアレルギー症状が出たのに比べ、「与えた」方の赤ちゃんでアレルギーになった数はわずか2%にとどまるという劇的な結果になったそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  5. 5

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る