象印マホービンが再挑戦 大ヒット「ふとん乾燥機」の大胆発想

公開日: 更新日:

 面倒なマットとホースをなくした画期的なふとん乾燥機、象印マホービンの「スマートドライ」が人気だ。2012年に通販ルートで先行販売すると大ヒット。店頭販売も絶好調で、快進撃が続く。

 象印にとってふとん乾燥機への参入は2度目。前回は98年に生産終了している。今回は再挑戦というかたちだ。

「検討を始めたのは10年初め。ふとん乾燥機は40万台規模の市場があり、年間を通して安定して売れる商品。そこに魅力を感じた」(生活家電グループの安藤裕樹氏)

 とはいえ再挑戦のハードルは高い。後発メーカーとしては絶対的な目玉が必要だ。まず考えたのはマットを収納しやすくすること。早速、時短を実現したがダメ出し。「ワン、ツー、スリーで収納。となるくらい短くできないか」との意見が出た。むちゃぶりだが、それくらいインパクトがないと差別化できないということ。そこでゼロから形状を考え直し、たどり着いたのが「マットもホースもなくす」という目からウロコの発想だった。方向性は決まった。手探りの開発は苦労の連続だったが、吹き出し口やヒーターの改良を重ねた結果、ついにマットとホースなしでもふとんの隅々まで乾燥できる「スマートドライ」が誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る