• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

象印マホービンが再挑戦 大ヒット「ふとん乾燥機」の大胆発想

 面倒なマットとホースをなくした画期的なふとん乾燥機、象印マホービンの「スマートドライ」が人気だ。2012年に通販ルートで先行販売すると大ヒット。店頭販売も絶好調で、快進撃が続く。

 象印にとってふとん乾燥機への参入は2度目。前回は98年に生産終了している。今回は再挑戦というかたちだ。

「検討を始めたのは10年初め。ふとん乾燥機は40万台規模の市場があり、年間を通して安定して売れる商品。そこに魅力を感じた」(生活家電グループの安藤裕樹氏)

 とはいえ再挑戦のハードルは高い。後発メーカーとしては絶対的な目玉が必要だ。まず考えたのはマットを収納しやすくすること。早速、時短を実現したがダメ出し。「ワン、ツー、スリーで収納。となるくらい短くできないか」との意見が出た。むちゃぶりだが、それくらいインパクトがないと差別化できないということ。そこでゼロから形状を考え直し、たどり着いたのが「マットもホースもなくす」という目からウロコの発想だった。方向性は決まった。手探りの開発は苦労の連続だったが、吹き出し口やヒーターの改良を重ねた結果、ついにマットとホースなしでもふとんの隅々まで乾燥できる「スマートドライ」が誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る