象印マホービンが再挑戦 大ヒット「ふとん乾燥機」の大胆発想

公開日:  更新日:

 面倒なマットとホースをなくした画期的なふとん乾燥機、象印マホービンの「スマートドライ」が人気だ。2012年に通販ルートで先行販売すると大ヒット。店頭販売も絶好調で、快進撃が続く。

 象印にとってふとん乾燥機への参入は2度目。前回は98年に生産終了している。今回は再挑戦というかたちだ。

「検討を始めたのは10年初め。ふとん乾燥機は40万台規模の市場があり、年間を通して安定して売れる商品。そこに魅力を感じた」(生活家電グループの安藤裕樹氏)

 とはいえ再挑戦のハードルは高い。後発メーカーとしては絶対的な目玉が必要だ。まず考えたのはマットを収納しやすくすること。早速、時短を実現したがダメ出し。「ワン、ツー、スリーで収納。となるくらい短くできないか」との意見が出た。むちゃぶりだが、それくらいインパクトがないと差別化できないということ。そこでゼロから形状を考え直し、たどり着いたのが「マットもホースもなくす」という目からウロコの発想だった。方向性は決まった。手探りの開発は苦労の連続だったが、吹き出し口やヒーターの改良を重ねた結果、ついにマットとホースなしでもふとんの隅々まで乾燥できる「スマートドライ」が誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る