象印マホービンが再挑戦 大ヒット「ふとん乾燥機」の大胆発想

公開日:  更新日:

 面倒なマットとホースをなくした画期的なふとん乾燥機、象印マホービンの「スマートドライ」が人気だ。2012年に通販ルートで先行販売すると大ヒット。店頭販売も絶好調で、快進撃が続く。

 象印にとってふとん乾燥機への参入は2度目。前回は98年に生産終了している。今回は再挑戦というかたちだ。

「検討を始めたのは10年初め。ふとん乾燥機は40万台規模の市場があり、年間を通して安定して売れる商品。そこに魅力を感じた」(生活家電グループの安藤裕樹氏)

 とはいえ再挑戦のハードルは高い。後発メーカーとしては絶対的な目玉が必要だ。まず考えたのはマットを収納しやすくすること。早速、時短を実現したがダメ出し。「ワン、ツー、スリーで収納。となるくらい短くできないか」との意見が出た。むちゃぶりだが、それくらいインパクトがないと差別化できないということ。そこでゼロから形状を考え直し、たどり着いたのが「マットもホースもなくす」という目からウロコの発想だった。方向性は決まった。手探りの開発は苦労の連続だったが、吹き出し口やヒーターの改良を重ねた結果、ついにマットとホースなしでもふとんの隅々まで乾燥できる「スマートドライ」が誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る