卒業式の失敗から生まれたタムロン「高倍率ズームレンズ」

公開日: 更新日:

 レンズメーカーのタムロンは、一眼レフカメラ用「高倍率ズームレンズ」のパイオニアだ。1992年に28-200ミリの初代モデル「71D」を発売以来、世界規模でヒットを続け、累計生産数はシリーズ全体で500万本を超える。

「広角から望遠までを1本でカバーするレンズができれば絶対に売れる!」という確信。それは現社長・小野守男氏の家庭内のエピソードがきっかけだ。

 子供の卒業式を控え、妻に2本セットのズームのレンズ交換を教えておいたのだが、写真を見ると、子供がまともに写っていない。文句を言うと「レンズ交換する時間がなかった」「レンズメーカーなら1本でなんでも撮れるレンズをつくればいい」と反論された。

「当時は広角から標準域のズーム、標準から望遠域のズームの2本セットが当たり前の時代。高倍率ズームもあるにはあったが、大きく重く価格も高く、さらには画質も思わしくないなど誰もが手軽に使える代物ではなかった」(マーケティング・コミュニケーション室の城山敦巳氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る