卒業式の失敗から生まれたタムロン「高倍率ズームレンズ」

公開日:  更新日:

 レンズメーカーのタムロンは、一眼レフカメラ用「高倍率ズームレンズ」のパイオニアだ。1992年に28-200ミリの初代モデル「71D」を発売以来、世界規模でヒットを続け、累計生産数はシリーズ全体で500万本を超える。

「広角から望遠までを1本でカバーするレンズができれば絶対に売れる!」という確信。それは現社長・小野守男氏の家庭内のエピソードがきっかけだ。

 子供の卒業式を控え、妻に2本セットのズームのレンズ交換を教えておいたのだが、写真を見ると、子供がまともに写っていない。文句を言うと「レンズ交換する時間がなかった」「レンズメーカーなら1本でなんでも撮れるレンズをつくればいい」と反論された。

「当時は広角から標準域のズーム、標準から望遠域のズームの2本セットが当たり前の時代。高倍率ズームもあるにはあったが、大きく重く価格も高く、さらには画質も思わしくないなど誰もが手軽に使える代物ではなかった」(マーケティング・コミュニケーション室の城山敦巳氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る