• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

卒業式の失敗から生まれたタムロン「高倍率ズームレンズ」

 レンズメーカーのタムロンは、一眼レフカメラ用「高倍率ズームレンズ」のパイオニアだ。1992年に28-200ミリの初代モデル「71D」を発売以来、世界規模でヒットを続け、累計生産数はシリーズ全体で500万本を超える。

「広角から望遠までを1本でカバーするレンズができれば絶対に売れる!」という確信。それは現社長・小野守男氏の家庭内のエピソードがきっかけだ。

 子供の卒業式を控え、妻に2本セットのズームのレンズ交換を教えておいたのだが、写真を見ると、子供がまともに写っていない。文句を言うと「レンズ交換する時間がなかった」「レンズメーカーなら1本でなんでも撮れるレンズをつくればいい」と反論された。

「当時は広角から標準域のズーム、標準から望遠域のズームの2本セットが当たり前の時代。高倍率ズームもあるにはあったが、大きく重く価格も高く、さらには画質も思わしくないなど誰もが手軽に使える代物ではなかった」(マーケティング・コミュニケーション室の城山敦巳氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る