卒業式の失敗から生まれたタムロン「高倍率ズームレンズ」

公開日:  更新日:

 レンズメーカーのタムロンは、一眼レフカメラ用「高倍率ズームレンズ」のパイオニアだ。1992年に28-200ミリの初代モデル「71D」を発売以来、世界規模でヒットを続け、累計生産数はシリーズ全体で500万本を超える。

「広角から望遠までを1本でカバーするレンズができれば絶対に売れる!」という確信。それは現社長・小野守男氏の家庭内のエピソードがきっかけだ。

 子供の卒業式を控え、妻に2本セットのズームのレンズ交換を教えておいたのだが、写真を見ると、子供がまともに写っていない。文句を言うと「レンズ交換する時間がなかった」「レンズメーカーなら1本でなんでも撮れるレンズをつくればいい」と反論された。

「当時は広角から標準域のズーム、標準から望遠域のズームの2本セットが当たり前の時代。高倍率ズームもあるにはあったが、大きく重く価格も高く、さらには画質も思わしくないなど誰もが手軽に使える代物ではなかった」(マーケティング・コミュニケーション室の城山敦巳氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る