• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シードのコンタクトレンズ 「遠近両用」と「使い捨て」で急伸

「プレミアム・コンタクトレンズ」と称して展開するシードの遠近両用コンタクトレンズに注目だ。ハードタイプ2品、ソフトタイプ2品(2週間交換型と1日使い捨て型)の全4品が揃う中、特に好調なのが1日使い捨て型。初期老視に対応したきめ細かな度数のレンズは2012年の発売以来、右肩上がりに売り上げを伸ばし、プレミアム・コンタクトレンズ全体を盛り上げている。

 使い捨てと遠近両用。この組み合わせがカギである。

 シードが国産初の2週間交換型のソフトコンタクトレンズを発売したのは04年のこと。09年には1日使い捨てタイプも発売し、以来、国産メーカーとして、常に日本人の瞳を考えたレンズ開発を続けてきた。一方、遠近両用は94年に発売したハードタイプがはじまりだ。

 当時、遠近両用の市場は未成熟。コンタクトレンズ世代はまだ若く、老眼世代への普及はあまり進んでいなかったが、使い捨て型でデビューした若者たちも年を重ね、初期老視化を迎える40代に。そこで10年、遠近両用でも、2週間交換型のソフトレンズ「シード ツーウィークピュア マルチステージ」を投入し、12年には1日使い捨て型の「シード ワンデーピュア マルチステージ」も発売する。いずれも国産初の展開だったが、大きく伸びたのは1日使い捨て型。一気に主力に躍り出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る