シードのコンタクトレンズ 「遠近両用」と「使い捨て」で急伸

公開日: 更新日:

「プレミアム・コンタクトレンズ」と称して展開するシードの遠近両用コンタクトレンズに注目だ。ハードタイプ2品、ソフトタイプ2品(2週間交換型と1日使い捨て型)の全4品が揃う中、特に好調なのが1日使い捨て型。初期老視に対応したきめ細かな度数のレンズは2012年の発売以来、右肩上がりに売り上げを伸ばし、プレミアム・コンタクトレンズ全体を盛り上げている。

 使い捨てと遠近両用。この組み合わせがカギである。

 シードが国産初の2週間交換型のソフトコンタクトレンズを発売したのは04年のこと。09年には1日使い捨てタイプも発売し、以来、国産メーカーとして、常に日本人の瞳を考えたレンズ開発を続けてきた。一方、遠近両用は94年に発売したハードタイプがはじまりだ。

 当時、遠近両用の市場は未成熟。コンタクトレンズ世代はまだ若く、老眼世代への普及はあまり進んでいなかったが、使い捨て型でデビューした若者たちも年を重ね、初期老視化を迎える40代に。そこで10年、遠近両用でも、2週間交換型のソフトレンズ「シード ツーウィークピュア マルチステージ」を投入し、12年には1日使い捨て型の「シード ワンデーピュア マルチステージ」も発売する。いずれも国産初の展開だったが、大きく伸びたのは1日使い捨て型。一気に主力に躍り出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る