シードのコンタクトレンズ 「遠近両用」と「使い捨て」で急伸

公開日: 更新日:

「プレミアム・コンタクトレンズ」と称して展開するシードの遠近両用コンタクトレンズに注目だ。ハードタイプ2品、ソフトタイプ2品(2週間交換型と1日使い捨て型)の全4品が揃う中、特に好調なのが1日使い捨て型。初期老視に対応したきめ細かな度数のレンズは2012年の発売以来、右肩上がりに売り上げを伸ばし、プレミアム・コンタクトレンズ全体を盛り上げている。

 使い捨てと遠近両用。この組み合わせがカギである。

 シードが国産初の2週間交換型のソフトコンタクトレンズを発売したのは04年のこと。09年には1日使い捨てタイプも発売し、以来、国産メーカーとして、常に日本人の瞳を考えたレンズ開発を続けてきた。一方、遠近両用は94年に発売したハードタイプがはじまりだ。

 当時、遠近両用の市場は未成熟。コンタクトレンズ世代はまだ若く、老眼世代への普及はあまり進んでいなかったが、使い捨て型でデビューした若者たちも年を重ね、初期老視化を迎える40代に。そこで10年、遠近両用でも、2週間交換型のソフトレンズ「シード ツーウィークピュア マルチステージ」を投入し、12年には1日使い捨て型の「シード ワンデーピュア マルチステージ」も発売する。いずれも国産初の展開だったが、大きく伸びたのは1日使い捨て型。一気に主力に躍り出た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る