明治ブルガリアヨーグルト 開発のきっかけは「70年大阪万博」

公開日:  更新日:

「明治ブルガリアヨーグルト」(明治)は、ヨーグルトのトップブランドである。2013年度の売上高は731億円。正統派プレーンヨーグルトのおいしさ、機能性はもとより、ドリンクタイプや果肉入りなど、充実の品揃えも人気の理由だ。

 健康長寿国ブルガリアに古くから伝わる正統派ヨーグルトとの出合いは、70年の大阪万博。「ブルガリア館」を訪れた明治の社員たちが試食したのが始まりだ。当時、日本のヨーグルトは、砂糖や香料を加え、ゼラチンなどで固めた甘いおやつ感覚のものが主流だった。それだけに、酸味が強く、独特の風味を持つプレーンヨーグルトの“本物の味”に感銘。ぜひ日本にも普及させたいと、持ち帰ったサンプルをもとに開発に着手した。社内には「こんな酸っぱいもの、日本人が食べるわけがない」との声もあったが、本物にこだわり翌71年、本場の味を再現した「明治プレーンヨーグルト」を発売する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る