殺人の53%が身内トラブル 親族ともめる原因と縁の切り方

公開日:  更新日:

 血のつながりほど怖いものはない。14日、青森県平内町に住む弟(66)が、自宅近くの杉林で兄(70)を刃渡り20センチのナタで切りつけ殺害したとして逮捕された。弟は「兄が近くにあったチェーンソーを持ち出した」と話している。おぞましい話だ。

 今年3月には兵庫・淡路島で男女5人刺殺事件が発生、逮捕された男は叔父と親戚を襲った。

 最新の警察庁の調査(2013年)によると、殺人事件の状況は、検挙数が950件。10年前の04年(1342件)から減少している。だが、事件数そのものは減りつつある中で、“被害者、加害者が親族間にある事件”の発生割合は年々増加し、13年には53・5%と、半数以上に上っている。親族間のトラブルが絶えないのはなぜか――。

 臨床心理士で「こころぎふ臨床心理センター」センター長の長谷川博一氏(犯罪心理学)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る