増える「姉妹の諍い」 男の“立ち位置”は夫か兄弟かで変わる

公開日: 更新日:

 まさに「“姉妹”(兄弟)は他人の始まり」だ――。異母妹を含む“4姉妹”の絆を描いた映画「海街diary」がヒット中。姉妹を描いたドラマや小説作品は多いが、最近は相続、結婚、夫の出世などを機に不仲になる姉妹が増えているという。

 過去には、タレント「叶姉妹」は、ダイヤモンドの指輪などの金品を着服したとして姉・恭子が実妹を告訴。女優・杉本彩は、自身の結婚を喜ばない母妹との“確執”をブログで告白した。

 相続も揉める原因のひとつ。なかでも、姉妹間に多いのは母親の私物を巡るトラブルだ。

「『ある姉妹の姉が、母親の死後すぐに、母親が所有するブランドのバッグや宝石を車に積んで逃げた』という事例があります。それを知った妹との話し合いには応じず、絶縁になったと聞きました。数十万円単位のブランド品、アクセサリーは、土地や貯金のように相続の対象として遺言書などに細かく記載されないので、トラブルが起きやすいのです」(家族問題に詳しい恋愛・離婚カウンセラーの山崎世美子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

もっと見る