• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大島、亀戸…社長の住む街に「江東区」がトップ10入りのワケ

 高級住宅街の代名詞として知られる「田園調布」に“社長”が住まなくなったと一部報道で話題になっているが、その代わり、意外なエリアに人気が集まっている。

 東京商工リサーチが行った2014年「社長の住む街」調査によると、03年にはトップだった田園調布は18位。ランキングトップ10(別表)を見ると、1位の「港区赤坂」以下、半数は港区内だ。交通アクセスの利便性や、震災時に歩いて帰れるなど災害リスクの低さが重視されているのだという。

 正直、赤坂や六本木が人気なのはわかる。気になるのは前回(12年調査)圏外だった江東区だ。大島、亀戸の2つの地区がランクインした。江東区でも湾岸エリアならまだしも、両地区に富裕層の街のイメージはないが……。

「9位の亀戸は、実はもともと、中小企業の社長が多い地区なんです。住宅、町工場、商店が混在し、工場と住居が一体になった“職住近接”の中小企業がたくさんあります」(東京商工リサーチ情報本部・関雅史氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る