• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヴィトンは1年で3回 高級ブランド値上げラッシュ始まる

 ブランド好きの悲鳴が聞こえそうだ。

 フランスの高級ブランド「ルイ・ヴィトン」が2月26日から、バッグや財布などの革製品を平均7%値上げする。
 理由は、円安と皮革価格の上昇で仕入れコストが上がっているから。1年前は125円だったユーロも現在約140円。それじゃあ、しょうがないか…と思いがちだが、実はヴィトンの値上げ、この1年で3回目だ。

 前回は昨年7月1日。輸入コストの上昇分を価格に反映させるためと、革製品が平均8%値上げされた。そして、ちょうど1年前には、アクセサリーが平均12%値上げされている。このときは<品質やサービスの向上>という、なんだかよく分からない理由だった。

 1年前、税抜き価格5万円だった商品は、3回の値上げで同6万4713円に、10万円だった商品は、12万9427円にハネ上がる計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る