日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヴィトンは1年で3回 高級ブランド値上げラッシュ始まる

 ブランド好きの悲鳴が聞こえそうだ。

 フランスの高級ブランド「ルイ・ヴィトン」が2月26日から、バッグや財布などの革製品を平均7%値上げする。
 理由は、円安と皮革価格の上昇で仕入れコストが上がっているから。1年前は125円だったユーロも現在約140円。それじゃあ、しょうがないか…と思いがちだが、実はヴィトンの値上げ、この1年で3回目だ。

 前回は昨年7月1日。輸入コストの上昇分を価格に反映させるためと、革製品が平均8%値上げされた。そして、ちょうど1年前には、アクセサリーが平均12%値上げされている。このときは<品質やサービスの向上>という、なんだかよく分からない理由だった。

 1年前、税抜き価格5万円だった商品は、3回の値上げで同6万4713円に、10万円だった商品は、12万9427円にハネ上がる計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事