ヴィトンは1年で3回 高級ブランド値上げラッシュ始まる

公開日: 更新日:

 ブランド好きの悲鳴が聞こえそうだ。

 フランスの高級ブランド「ルイ・ヴィトン」が2月26日から、バッグや財布などの革製品を平均7%値上げする。
 理由は、円安と皮革価格の上昇で仕入れコストが上がっているから。1年前は125円だったユーロも現在約140円。それじゃあ、しょうがないか…と思いがちだが、実はヴィトンの値上げ、この1年で3回目だ。

 前回は昨年7月1日。輸入コストの上昇分を価格に反映させるためと、革製品が平均8%値上げされた。そして、ちょうど1年前には、アクセサリーが平均12%値上げされている。このときは<品質やサービスの向上>という、なんだかよく分からない理由だった。

 1年前、税抜き価格5万円だった商品は、3回の値上げで同6万4713円に、10万円だった商品は、12万9427円にハネ上がる計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る