専門家がアドバイス 「同時株安時代」の賢い資産運用術

公開日: 更新日:

「中国発世界同時株安の状況」(甘利経済財政担当相)に、シロウトの個人投資家は戦々恐々だろう。いよいよ安倍バブルの終焉に、どう賢く対応すればいいのか。ファイナンシャルプランナー紀平正幸氏のアドバイスはこうだ。

「投資には売り時、買い時、そして休み時があります。今は上り階段なのか下り階段なのか分からない“踊り場”にある状況、つまり休み時です。個人投資家は大ヤケドする危険があるので、半年ぐらいは様子見したほうがいい。手じまえるものはさっさと現金化し、いざという時に動けるように換金性があり、リスクも低い普通預金やMMFに回しておく。株がダメならゴールドなどと色気を出さず、無理な投資をしないのも、賢い投資法のひとつです」

 経済評論家の荻原博子氏は「金融商品に投資するだけが投資ではない。いまのこの不透明な時代の確実かつ最強の“投資”は、ローンの繰り上げ返済です」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    G岩隈 ようやく二軍の実戦初登板でも“来季現役続行”のワケ

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  7. 7

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  8. 8

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る