専門家がアドバイス 「同時株安時代」の賢い資産運用術

公開日: 更新日:

「中国発世界同時株安の状況」(甘利経済財政担当相)に、シロウトの個人投資家は戦々恐々だろう。いよいよ安倍バブルの終焉に、どう賢く対応すればいいのか。ファイナンシャルプランナー紀平正幸氏のアドバイスはこうだ。

「投資には売り時、買い時、そして休み時があります。今は上り階段なのか下り階段なのか分からない“踊り場”にある状況、つまり休み時です。個人投資家は大ヤケドする危険があるので、半年ぐらいは様子見したほうがいい。手じまえるものはさっさと現金化し、いざという時に動けるように換金性があり、リスクも低い普通預金やMMFに回しておく。株がダメならゴールドなどと色気を出さず、無理な投資をしないのも、賢い投資法のひとつです」

 経済評論家の荻原博子氏は「金融商品に投資するだけが投資ではない。いまのこの不透明な時代の確実かつ最強の“投資”は、ローンの繰り上げ返済です」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る