【三井不動産レジデンシャル】年功序列のため30歳前後で年収600万円

公開日: 更新日:

 マンションの傾斜問題が発覚した大手ディベロッパーの三井不動産レジデンシャル。大ピンチに陥っているが、親会社の三井不動産が大型ショッピングモール「ららぽーと」を建設し、併設する形でマンションを分譲するというビジネスモデルで成功してきた。

 営業のAさん(29)の年収は600万円ほど。

「基本は年功序列ですから同期はほぼ同じ給与ですね。どれだけ売っても評価は変わりませんが、ネームバリューがあるので営業で苦労したことはありません」

 大手なので福利厚生は充実しているそうだ。

「社内には保育所やマッサージルームもありますし、毎年10万円分のカフェテリアポイントが付与されます。旅館やホテルにも格安で宿泊できるので、1カ月近い長期休暇を取る人も多いですね」(Aさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る