【ワタベウェディング】女子率高く実権も女性管理職が握る

公開日:  更新日:

「この2年ぐらい業績不振が続いており、給与は上がっていません。接客業なので仕事は大変ですが、ウエディングが好きなのでやりがいは感じています」

 こう語るKさん(33)。国内のブライダル事業をはじめ海外でのリゾート挙式を拡大し、目黒雅叙園の運営などホテル事業も展開する業界大手。結婚式の減少や競争激化で業績は低迷しているが、女性の就職先としては人気が高い。

「社員の7割は女性。女性の管理職も多いですが、その分仕事には厳しいし、女性だからと甘えることは許されません。逆に男性管理職のほうがやさしく気を使ってくれます。それでもまあ、実権は女性が握っています」

 遅くまで残業し、終電に乗るために走って駅に向かうことも。忙しい割に給与はそれほどでもないという。Kさんの月給は残業代込みで約30万円。ボーナスは年間80万円。年収は440万円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る