【トレンドマイクロ】40代半ばで年収1300万円の高水準

公開日:  更新日:

 サイバー攻撃が懸念される中、注目を浴びている同社。ウイルスバスターなどの営業を手掛けるAさん(45)は、「うちは外資系企業だけに、人事評価は公平な方だと思います」と言って、こう続ける。

「上司だけではなく、部下や他部門からの360度評価を受け、年俸以外のインセンティブが支給される仕組みで、私の場合も年収1300万円と他社に比べて遜色はありません。もちろん、年齢に関係なく完全成果主義ですが」

 Aさんによると組織はフラットで、3割近くいる女性社員は産休・育休後もほとんどが職場復帰する。社長が女性であることからも分かる通り、女性の部長や課長も珍しくないのだという。

「製品発売時は忙しいですが、それ以外は休暇も取りやすく、定時退社も自由です。クラブ活動が盛んで会社から補助も出ます。福利厚生は充実していて、自販機ならおにぎりが30円、カップ麺が90円。さらにドリンクは無料で飲み放題。有休は前日に申請すればOKで、長期休暇を取得して海外旅行に行く人もいますね。また、希望する部署への異動もしやすく、海外転勤も可能です。人間関係はフランクで先輩や上司にも『さん』付けが普通ですね」とAさん。

 国内トップシェアの企業は一味違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る