• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【九州電力】グループ会社の社員にかしずかれる快感

 新規制基準に基づく国内初の再稼働となった川内原発。過去には、やらせメール事件が発覚するなど何かとお騒がせの九州電力だ。

 同社に勤務するAさん(34)は「年収は750万円ですが、青天井だった残業が制限され、トータルでは下がりましたね。ただ、2011年以降の原発稼働停止で収支が悪化し、13年は月給5%カット、ボーナスはゼロ、年収も3割減でしたから少しは良くなりました。福利厚生は充実していますよ。社宅、独身寮完備、100キロ圏内であれば新幹線通勤での交通費も支給されます」と厚遇ぶりアピールだ。産前産後休暇や小学校3年まで時短勤務ができるなど、女性に優しい職場でもある。

「週休2日が徹底されていて、上司も温和なので休みは取りやすいですね。ノー残業デーはいいのですが、飲み会が多く、財布を圧迫するのが難点。グループ会社との仕事では常に大きな顔ができ、年上の人がペコペコするのが快感かな。成果より年功序列が優先されるから、40代になると1000万を超えるので人生設計もしやすい。子供の学校行事があれば、平日でも休めますし、社食は安くておいしいので、ほんと良い会社だと思います」と語るAさん。

 外部からは「待遇が恵まれ過ぎている」と批判も出ているが、Aさんは学生の頃にみっちり勉強して九電に入社したのだから、先見の明があったことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る