「認知症徘徊」対策 福岡県大牟田市のシンプルな取り組みとは

公開日: 更新日:

 認知症の親や妻の介護をどうするか。高齢者の5人に1人が認知症といわれるだけに、他人事ではない。そんな中、注目の裁判が係争中だ。

 07年12月に認知症で徘徊中に電車にはねられて死亡した愛知の男性の家族に、JR東海が約720万円の損害賠償を求めた裁判で、最高裁は10日、当事者の意見を聞く弁論を来年2月に開くことを決めた。弁論は、2審の結論を変えるのに必要な手続きで、男性の妻の監督義務を認めて約360万円の支払いを命じた2審判決が見直される可能性が高い。

■争点は家族の管理義務の領域

「1審は妻の過失のほか、長男の監督義務もあったと認定。JR東海の請求通り、2人に約720万円の支払いを命じました。2審は妻の監督義務のみの認定で、賠償額は360万円に減額されています。双方が2審判決を不服として上告しただけに、最高裁がどういう判断を下すか。家族の監督義務がどこまで及ぶのかが焦点です」(司法記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る