「認知症徘徊」対策 福岡県大牟田市のシンプルな取り組みとは

公開日:  更新日:

 認知症の親や妻の介護をどうするか。高齢者の5人に1人が認知症といわれるだけに、他人事ではない。そんな中、注目の裁判が係争中だ。

 07年12月に認知症で徘徊中に電車にはねられて死亡した愛知の男性の家族に、JR東海が約720万円の損害賠償を求めた裁判で、最高裁は10日、当事者の意見を聞く弁論を来年2月に開くことを決めた。弁論は、2審の結論を変えるのに必要な手続きで、男性の妻の監督義務を認めて約360万円の支払いを命じた2審判決が見直される可能性が高い。

■争点は家族の管理義務の領域

「1審は妻の過失のほか、長男の監督義務もあったと認定。JR東海の請求通り、2人に約720万円の支払いを命じました。2審は妻の監督義務のみの認定で、賠償額は360万円に減額されています。双方が2審判決を不服として上告しただけに、最高裁がどういう判断を下すか。家族の監督義務がどこまで及ぶのかが焦点です」(司法記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る