• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「認知症徘徊」対策 福岡県大牟田市のシンプルな取り組みとは

 認知症の親や妻の介護をどうするか。高齢者の5人に1人が認知症といわれるだけに、他人事ではない。そんな中、注目の裁判が係争中だ。

 07年12月に認知症で徘徊中に電車にはねられて死亡した愛知の男性の家族に、JR東海が約720万円の損害賠償を求めた裁判で、最高裁は10日、当事者の意見を聞く弁論を来年2月に開くことを決めた。弁論は、2審の結論を変えるのに必要な手続きで、男性の妻の監督義務を認めて約360万円の支払いを命じた2審判決が見直される可能性が高い。

■争点は家族の管理義務の領域

「1審は妻の過失のほか、長男の監督義務もあったと認定。JR東海の請求通り、2人に約720万円の支払いを命じました。2審は妻の監督義務のみの認定で、賠償額は360万円に減額されています。双方が2審判決を不服として上告しただけに、最高裁がどういう判断を下すか。家族の監督義務がどこまで及ぶのかが焦点です」(司法記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る