年間8万人も! 行方不明者どこに消えるのか

公開日: 更新日:

 子どもの誘拐、失踪事件が相次いでいるが、子どもに限った話ではない。たった1億2000万人の島国で毎年8万人が姿を消している。警察庁の統計によれば、2013年度中に「行方不明者届」が受理された不明者は8万3948人に上るのだ。
 11年度は8万655人、12年度は8万1111人と、ここ数年、年間8万人台で高止まりしているから、シャレにならない。

 13年度の不明者の内訳を見ると、年代別ではトップが10代の23・7%で、全体の4分の1を占める。次いで70代以上(18・1%)、20代(17・8%)、30代(13・3%)と続く。

 原因はというと、最も多いのが家庭関係による問題で21・3%。次いで認知症を含む疾病関係(19・4%)、事業・職業関係(10・8%)となっている。親とケンカして家出したり、認知症の老人が徘徊して行方不明になっているわけだ。一方で、犯罪関係は、0・8%と意外と少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る