年間8万人も! 行方不明者どこに消えるのか

公開日:  更新日:

 子どもの誘拐、失踪事件が相次いでいるが、子どもに限った話ではない。たった1億2000万人の島国で毎年8万人が姿を消している。警察庁の統計によれば、2013年度中に「行方不明者届」が受理された不明者は8万3948人に上るのだ。
 11年度は8万655人、12年度は8万1111人と、ここ数年、年間8万人台で高止まりしているから、シャレにならない。

 13年度の不明者の内訳を見ると、年代別ではトップが10代の23・7%で、全体の4分の1を占める。次いで70代以上(18・1%)、20代(17・8%)、30代(13・3%)と続く。

 原因はというと、最も多いのが家庭関係による問題で21・3%。次いで認知症を含む疾病関係(19・4%)、事業・職業関係(10・8%)となっている。親とケンカして家出したり、認知症の老人が徘徊して行方不明になっているわけだ。一方で、犯罪関係は、0・8%と意外と少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る