• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【認知症】高齢化社会の宿命で認知症患者は増加するばかり。「治らない病気」認知症とどう向き合うか。

「治さなくてよい認知症」上田諭著

 認知症は治らない、治せないのが常識。しかしその思い込みが逆に人を縛るのだと説く本書の著者は、新聞記者を経て医学部に入り直し、精神科医として老人医療に取り組んできたという異色の経歴の持ち主。本書は認知症を「治さなくていい、治らなくていい」と考えよう、と呼びかける。

 家族が認知症になると「大変だ、このまま介護ばかりじゃ身がもたない」と考えがち。しかし物忘れした本人が不安や孤独に陥るのは、周囲が物忘れをとがめ、ダメなことのように扱うため。だから認知症の本人は反発し、怒り、孤独に陥るのだ。

 大事なのは「自己肯定感や自己効力感の回復」。たとえば夫の認知症で医者を訪れた老夫婦に対して、医者が妻の話をくわしく聞き、暴言や断りなしの外出などの症状をもとに薬を処方。ところが帰宅後、夫は「あの医者は自分の話をまったく聞かなかった」と言って怒り出し、薬を飲むのも拒否したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る