【認知症】高齢化社会の宿命で認知症患者は増加するばかり。「治らない病気」認知症とどう向き合うか。

公開日:  更新日:

「治さなくてよい認知症」上田諭著

 認知症は治らない、治せないのが常識。しかしその思い込みが逆に人を縛るのだと説く本書の著者は、新聞記者を経て医学部に入り直し、精神科医として老人医療に取り組んできたという異色の経歴の持ち主。本書は認知症を「治さなくていい、治らなくていい」と考えよう、と呼びかける。

 家族が認知症になると「大変だ、このまま介護ばかりじゃ身がもたない」と考えがち。しかし物忘れした本人が不安や孤独に陥るのは、周囲が物忘れをとがめ、ダメなことのように扱うため。だから認知症の本人は反発し、怒り、孤独に陥るのだ。

 大事なのは「自己肯定感や自己効力感の回復」。たとえば夫の認知症で医者を訪れた老夫婦に対して、医者が妻の話をくわしく聞き、暴言や断りなしの外出などの症状をもとに薬を処方。ところが帰宅後、夫は「あの医者は自分の話をまったく聞かなかった」と言って怒り出し、薬を飲むのも拒否したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る