【認知症】高齢化社会の宿命で認知症患者は増加するばかり。「治らない病気」認知症とどう向き合うか。

公開日: 更新日:

「治さなくてよい認知症」上田諭著

 認知症は治らない、治せないのが常識。しかしその思い込みが逆に人を縛るのだと説く本書の著者は、新聞記者を経て医学部に入り直し、精神科医として老人医療に取り組んできたという異色の経歴の持ち主。本書は認知症を「治さなくていい、治らなくていい」と考えよう、と呼びかける。

 家族が認知症になると「大変だ、このまま介護ばかりじゃ身がもたない」と考えがち。しかし物忘れした本人が不安や孤独に陥るのは、周囲が物忘れをとがめ、ダメなことのように扱うため。だから認知症の本人は反発し、怒り、孤独に陥るのだ。

 大事なのは「自己肯定感や自己効力感の回復」。たとえば夫の認知症で医者を訪れた老夫婦に対して、医者が妻の話をくわしく聞き、暴言や断りなしの外出などの症状をもとに薬を処方。ところが帰宅後、夫は「あの医者は自分の話をまったく聞かなかった」と言って怒り出し、薬を飲むのも拒否したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る

人気キーワード