中高年で非正規社員に 出世と転落はどう関係しているのか

公開日:  更新日:

 ワタミ過労自殺訴訟は、ワタミ側が法的責任を認め、亡くなった元社員(08年当時26歳)の両親に1億3400万円を支払うことで和解した。この訴訟が進むにつれ、全国でブラック企業が吊るし上げられたが、そのターゲットは若者から中高年にシフト。下流老人が流行語の今、中高年が追い詰められている。

 近藤和夫さん(55歳=仮名)は、8年前に家電メーカーをリストラされて、派遣社員に転落。年収は700万円から250万円にダウンした。

「すぐ再就職活動をしたのですが、正社員では採用されず、以来、7つの会社を派遣で渡り歩いています。物流センターの倉庫や清掃などで、時給は900円台。そのうえ、交通費は自腹で、倉庫での作業に必要なカッターやテープなども支給されず、『近くのコンビニで買ってこい』。費用負担を要求すると、派遣切りされるので、泣き寝入りするしかないのです。まあ、仕事があるだけマシですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る