【日本年金機構】正規職員は今も役人天国

公開日:  更新日:

 125万件もの個人情報が流出した日本年金機構。前身は2009年に廃止された社会保険庁だが、当時も職員によるズサンな漏洩事件を発生させている。事務職として働くAさん(42)は「年収は550万円くらい。社保庁から分離新設された時は2割ほど下がりました」と苦笑いしながら、こう続ける。

「給与は独自の等級表に基づきます。等級が1つ上がると、基本給は1000円以上のプラス。残業は満額支給で、地域調整手当や通勤手当は国家公務員と同じですから、大都市圏の勤務はさらに給与が高くなりますね」

 一方、機構職員の約6割を占める非正規職員のBさん(43)の年収は400万円ほど。

「クレーム処理に追われストレスは相当なもの。職場は非正規ばかりなので、正規職員がやるべき業務もこなさなければなりません」と話す。窓口で平謝りしている職員の姿をテレビなどで見かけるが、彼(彼女)らはほぼ非正規だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る