東大合格上位ズラリ 「男子校」にはなぜメリット多いのか

公開日: 更新日:

 男子校の場合、そうした女子の格付けがないので、男子同士に垣根が生まれないという。

「なので男子校では、サッカー部のキャプテンと鉄道オタクが親友同士だったりすることもある。より自由な、男同士の交友関係を築けるのです」

■受験勉強に関するメリットも

 また、「女子から男子を“守る”メリットも大きい」という。思春期の男子の精神年齢は女子より1~2歳低く、学力も劣っている場合が多い。18歳を過ぎると追いつき始めるが、それまでの間“できる”女子に引け目を感じて萎縮するようなこともなく、伸び伸びと勉強できるというのだ。受験に関してはこのメリットが非常に大きい。

「海外では共学で問題児とされた男子が、男女別学にしたら成績優良児になったという調査報告があります。日本でも東大入学数トップ10のうち、開成や筑駒、灘など実に7校が男子校です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    鈴木亮平「レンアイ漫画家」はドラマ化に不向きだった?

もっと見る