就職率ランクで判明…大学受験は中堅・地方が意外な狙い目

公開日:  更新日:

 大学受験は最近、就職率で選ぶのが主流だ。

 大学通信は、2015年最新「400社就職率(卒業者数100人以上)ベスト50」を調査。日経平均株価指数の採用銘柄に加え、会社規模や知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に400社を選抜。その企業に入社した学生数を大学別にランキングしたものだ。ベスト50の8割は誰もが知る難関有名大だが、偏差値50前後以下の中堅大や地方大も入っている。受験生にとっては狙い目だ。

「3位の豊田工業大はトヨタ自動車によって設置された私学。センター試験を受けなければならないので、勉強には手間がかかりますが、全国的な知名度は低い。名古屋大や有名大の学生が多いトヨタ本社への就職実績もあります。そのうえ学部生は、初年度で94万円程度(14年)と理系大のなかでも学費が安いのも親にはうれしいところです」(「大学通信」ゼネラルマネジャーの安田賢治氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る