• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

就職率ランクで判明…大学受験は中堅・地方が意外な狙い目

投稿日:  更新日:

 大学受験は最近、就職率で選ぶのが主流だ。

 大学通信は、2015年最新「400社就職率(卒業者数100人以上)ベスト50」を調査。日経平均株価指数の採用銘柄に加え、会社規模や知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に400社を選抜。その企業に入社した学生数を大学別にランキングしたものだ。ベスト50の8割は誰もが知る難関有名大だが、偏差値50前後以下の中堅大や地方大も入っている。受験生にとっては狙い目だ。

「3位の豊田工業大はトヨタ自動車によって設置された私学。センター試験を受けなければならないので、勉強には手間がかかりますが、全国的な知名度は低い。名古屋大や有名大の学生が多いトヨタ本社への就職実績もあります。そのうえ学部生は、初年度で94万円程度(14年)と理系大のなかでも学費が安いのも親にはうれしいところです」(「大学通信」ゼネラルマネジャーの安田賢治氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る