2016年度大学入試の“穴場”が「国立理系」といわれる理由

公開日: 更新日:

 センター試験まで残り1カ月。私大の出願開始も近づいているが、来年の大学入試は「国立理系」が“穴場”となる。

 大手予備校「河合塾」の入試情報サイト「Kei-Net」は先日、「第3回全統マーク模試にみる2016年度入試の動向」を掲載。それによれば、私大の志願者数は前年比109%で、中でも文系人気が高く、理系は低調という。

「今年、文科省が国立大学改革の一環として、文系・教員養成系の学部・大学院の改廃を決めましたが、もともと国立大は理系の学部が多い。一方、私大は文系学部が多く、就職戦線も売り手市場で文系の内定率は上がった。文系需要の高まりから、私大人気が過熱しているのです」(教育業界関係者)

■五輪後の就活を制する“堅実な選択”

 景気と大学受験は密接に関わっている。大学通信ゼネラルマネジャー・安田賢治氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る