専門家が警鐘 ネットに氾濫する“偽バイアグラ”命の危険も

公開日: 更新日:

 一昨年5月、ED治療薬・バイアグラにジェネリック薬品が登場した。当時、正規品の値段は1錠1500円程度。それが半額ほどで手に入るようになると話題になったものだが、あれから1年半余り。いまやネット通販で誰にも知られず、簡単に手に入るような状況だ。しかし、一方で偽造品が氾濫していて……。

「結論を先に言うと、ネットで購入するバイアグラのジェネリック薬品は“まったく安全性は担保されていない”としか言いようがありません。どんな成分が混じっているかさえ分からず、服用するのは、ある意味、命懸け。レビトラもシアリスもまだジェネリックは発売されていないのにネット上ではなぜか売っている! 真っ赤な偽物ですよ。ネットで正規品を見つけるのは至難の業と言っていいでしょう」

 こう警鐘を鳴らすのは、昭和大学藤が丘病院の佐々木春明教授(泌尿器科)だ。インターネットを開けば一目瞭然、ED治療薬の通販会社は数十社が看板を掲げている。各社が“正規品”“ジェネリック薬”“海外産ED薬”などと銘打って販売している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る