専門家が警鐘 ネットに氾濫する“偽バイアグラ”命の危険も

公開日: 更新日:

 一昨年5月、ED治療薬・バイアグラにジェネリック薬品が登場した。当時、正規品の値段は1錠1500円程度。それが半額ほどで手に入るようになると話題になったものだが、あれから1年半余り。いまやネット通販で誰にも知られず、簡単に手に入るような状況だ。しかし、一方で偽造品が氾濫していて……。

「結論を先に言うと、ネットで購入するバイアグラのジェネリック薬品は“まったく安全性は担保されていない”としか言いようがありません。どんな成分が混じっているかさえ分からず、服用するのは、ある意味、命懸け。レビトラもシアリスもまだジェネリックは発売されていないのにネット上ではなぜか売っている! 真っ赤な偽物ですよ。ネットで正規品を見つけるのは至難の業と言っていいでしょう」

 こう警鐘を鳴らすのは、昭和大学藤が丘病院の佐々木春明教授(泌尿器科)だ。インターネットを開けば一目瞭然、ED治療薬の通販会社は数十社が看板を掲げている。各社が“正規品”“ジェネリック薬”“海外産ED薬”などと銘打って販売している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る