ついに解禁で半値に ジェネリック「バイアグラ」の値頃感

公開日: 更新日:

 1000万人以上いるといわれる日本のED患者には、待ちに待った朗報だ。
 98年にファイザーが米国で販売し、翌99年に日本で初めて承認・発売された勃起不全(ED)治療薬「バイアグラ」に、間もなくジェネリック(後発薬)が解禁される。

 2014年5月13日、つまりあと4日で、バイアグラの主成分である「シルデナフィル」の勃起不全治療に関する用途特許が、期間満了になるからだ。

「ジェネリック薬品は、その成分・品質が先発薬と同等であることを証明すればいいので、開発費用が抑えられる分、安く販売できます。『バイアグラ』という商標名こそ使えませんが、バイアグラと同じ成分・品質の勃起薬が安価で手に入るわけです」(医療ジャーナリスト)

■1錠1500円→600円と激安

 ジェネリック薬品の価格は、一般的に先発薬の40~80%ほど。現在、バイアグラ1錠(50ミリグラム)の相場は、都内のクリニックで1500円前後、週2回セックスなら月1万5000円程度の出費だが、6割も安くなれば1錠600円、月6000円で済む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  8. 8

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る