ついに解禁で半値に ジェネリック「バイアグラ」の値頃感

公開日: 更新日:

 1000万人以上いるといわれる日本のED患者には、待ちに待った朗報だ。
 98年にファイザーが米国で販売し、翌99年に日本で初めて承認・発売された勃起不全(ED)治療薬「バイアグラ」に、間もなくジェネリック(後発薬)が解禁される。

 2014年5月13日、つまりあと4日で、バイアグラの主成分である「シルデナフィル」の勃起不全治療に関する用途特許が、期間満了になるからだ。

「ジェネリック薬品は、その成分・品質が先発薬と同等であることを証明すればいいので、開発費用が抑えられる分、安く販売できます。『バイアグラ』という商標名こそ使えませんが、バイアグラと同じ成分・品質の勃起薬が安価で手に入るわけです」(医療ジャーナリスト)

■1錠1500円→600円と激安

 ジェネリック薬品の価格は、一般的に先発薬の40~80%ほど。現在、バイアグラ1錠(50ミリグラム)の相場は、都内のクリニックで1500円前後、週2回セックスなら月1万5000円程度の出費だが、6割も安くなれば1錠600円、月6000円で済む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  10. 10

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る