ついに解禁で半値に ジェネリック「バイアグラ」の値頃感

公開日:  更新日:

 1000万人以上いるといわれる日本のED患者には、待ちに待った朗報だ。
 98年にファイザーが米国で販売し、翌99年に日本で初めて承認・発売された勃起不全(ED)治療薬「バイアグラ」に、間もなくジェネリック(後発薬)が解禁される。

 2014年5月13日、つまりあと4日で、バイアグラの主成分である「シルデナフィル」の勃起不全治療に関する用途特許が、期間満了になるからだ。

「ジェネリック薬品は、その成分・品質が先発薬と同等であることを証明すればいいので、開発費用が抑えられる分、安く販売できます。『バイアグラ』という商標名こそ使えませんが、バイアグラと同じ成分・品質の勃起薬が安価で手に入るわけです」(医療ジャーナリスト)

■1錠1500円→600円と激安

 ジェネリック薬品の価格は、一般的に先発薬の40~80%ほど。現在、バイアグラ1錠(50ミリグラム)の相場は、都内のクリニックで1500円前後、週2回セックスなら月1万5000円程度の出費だが、6割も安くなれば1錠600円、月6000円で済む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る