家電製品のメーカー なくなったら修理はどうなるのか?

公開日:  更新日:

 テレビが壊れたので家電量販店に買いに行った。ズラリ並ぶ各メーカーの液晶テレビ。シャープ、東芝、ソニー……近ごろ新聞紙面を賑わす会社が多い。ふと思った。“万が一のとき、修理などはどうなるんだろう?”と。

 家電製品の修理用部品については、業界規約で、製造終了後、一定期間以上の保有が義務付けられている。全国家庭電気製品公正取引協議会の「製造業表示規約」によると、保有期間の長い順から冷蔵庫やエアコンが9年、テレビや電子レンジが8年、電気釜や掃除機が6年といった具合だ。

 しかし、いくら部品を取っておくよう決められていても、会社がなくなってしまえばパーだ。これについて国は全く関与せずの方針。「あくまでも民間市場の中で調整すべき問題」(経済産業省担当者)と冷たいのだ。

 三洋電機製品の修理は親会社のパナソニックが引き継いだからよかったが、全てがこううまく収まるとは限らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る