白物と黒物が曖昧に…家電のボーダーレス化はなぜ進んだ

公開日:  更新日:

 テレビやレコーダー、デジタルカメラなど娯楽関係の家庭用電気機器のこと。黒色の筐体が多いことからこう呼ばれている。冷蔵庫や洗濯機などの白物家電に対してこう呼ばれるようになったのかと思いきや、実は逆。家電コンシェルジュの神原サリー氏は、「黒物家電という言葉は、昭和50年代の後半、それまで木目調が多かったテレビが黒色に変わり始めたのを機に生まれた言葉です。それからしばらくして登場したのが、黒物家電に対する白物家電。ご存じの通り、冷蔵庫や洗濯機などの生活家電は、白色の筐体が多かったからです」と言う。

 意外にも黒物家電の方が先輩なのだが、白物家電の方が一般的で印象が強いのは、それだけ「黒」より「白」が売れているということなのだろう。実際、黒物家電の代表格であるテレビは不採算事業で、今や電機メーカーのお荷物。「1インチ1万円」なんていわれ、今では考えられない高値で大画面テレビを買い競っていた時代が懐かしい……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る