白物と黒物が曖昧に…家電のボーダーレス化はなぜ進んだ

公開日: 更新日:

 テレビやレコーダー、デジタルカメラなど娯楽関係の家庭用電気機器のこと。黒色の筐体が多いことからこう呼ばれている。冷蔵庫や洗濯機などの白物家電に対してこう呼ばれるようになったのかと思いきや、実は逆。家電コンシェルジュの神原サリー氏は、「黒物家電という言葉は、昭和50年代の後半、それまで木目調が多かったテレビが黒色に変わり始めたのを機に生まれた言葉です。それからしばらくして登場したのが、黒物家電に対する白物家電。ご存じの通り、冷蔵庫や洗濯機などの生活家電は、白色の筐体が多かったからです」と言う。

 意外にも黒物家電の方が先輩なのだが、白物家電の方が一般的で印象が強いのは、それだけ「黒」より「白」が売れているということなのだろう。実際、黒物家電の代表格であるテレビは不採算事業で、今や電機メーカーのお荷物。「1インチ1万円」なんていわれ、今では考えられない高値で大画面テレビを買い競っていた時代が懐かしい……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る