• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白物と黒物が曖昧に…家電のボーダーレス化はなぜ進んだ

 テレビやレコーダー、デジタルカメラなど娯楽関係の家庭用電気機器のこと。黒色の筐体が多いことからこう呼ばれている。冷蔵庫や洗濯機などの白物家電に対してこう呼ばれるようになったのかと思いきや、実は逆。家電コンシェルジュの神原サリー氏は、「黒物家電という言葉は、昭和50年代の後半、それまで木目調が多かったテレビが黒色に変わり始めたのを機に生まれた言葉です。それからしばらくして登場したのが、黒物家電に対する白物家電。ご存じの通り、冷蔵庫や洗濯機などの生活家電は、白色の筐体が多かったからです」と言う。

 意外にも黒物家電の方が先輩なのだが、白物家電の方が一般的で印象が強いのは、それだけ「黒」より「白」が売れているということなのだろう。実際、黒物家電の代表格であるテレビは不採算事業で、今や電機メーカーのお荷物。「1インチ1万円」なんていわれ、今では考えられない高値で大画面テレビを買い競っていた時代が懐かしい……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  7. 7

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る