【近畿日本ツーリスト】給与ではなく仕事のやりがい重視

公開日:  更新日:

「業績は厳しい状況が続いていますが、全社一丸となって積極的な営業活動を展開し、巻き返しを図っています。給与も低いし、ボーナスもわずかですが、仕事にやりがいは感じています」

 こう語るのは近畿日本ツーリストのNさん(31)。中国人など訪日客の増大で儲かっているかと思っていたが、業績は低迷しているという。

「楽天やリクルートなどのネット予約専門の会社やHISが伸びていますし、団体旅行を中心とする当社やJTB、日本旅行といった大手は苦戦しています」

 Nさんの月給は残業代込みで約30万円。昨年のボーナスは年間でわずか20万円。年収は約380万円だ。

「ボーナスはこの4~5年は低いままです。業績がよくならないと上がることはありませんね。給与は大手企業の中でも下位10%に入るのではないでしょうか。残業代は月3万円程度ですが、会社の残業規制もあって限界があります。個人的には成績を上げることによって年収500万円を目指しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る