• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ブラザー工業】男性の育休も自由 産休OLはほぼ職場復帰

 大統領選がヒートアップするアメリカ。この国でSOHO向けFAX・複合機のトップシェアを誇るのが同社だ。

 管理職のAさん(52)の年収は1100万円。年功序列が故に在籍年数で給与が上がるのだという。

 Aさんは「ボーナスは年2回で6カ月程度が保証されています。評価制度はありますが、大卒なら賞与で5万円程度の差しかありません。残業代は130%支給。真面目に長く働くには良い会社だと思います」と話す。

 一方、ワークライフバランスを重視する「自立型社員」を提唱しており、業務は個人によるところが大きい。

「勤務はフレックスで有休取得率は約80%、部署ごとのランキングが公表されています。金曜日はカジュアルデーなので私服で勤務。残業も比較的少ないですね。昼休みには社費負担のお茶会があり、他部署との交流が盛んです。テリーの愛称で親しまれている小池利和社長が社内ブログを書くなど、風通しも良い。福利厚生は高級リゾートのエクシブ会員なのでリフレッシュには事欠きません。中国をはじめ、海外に拠点が多く、希望者は転勤も可能です」(Aさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る