【京阪電気鉄道】大手の余裕で社員はアクセクしない

公開日: 更新日:

 中学1年の男女の命が奪われた事件の舞台となった寝屋川市駅は、京阪電気鉄道の主要ターミナルのひとつ。

 同社で働くAさん(34)は「年収は650万円でボーナスは5.5カ月。組合員であれば年功序列で昇給します」と満足顔。

「鉄道部門であれば、ほぼ激務はなく、ぬるい感じがするかも。大手の割に給与が少ないと言われますが、社費で大学院に通わせてもらえたり、スキルアップの補助が出たりするので勉強をしたいという人にはうってつけの会社ですね」と話す。

 福利厚生では京阪グループの商品が購入できるカフェテリア制度を利用し、食事や宿泊、旅行券に充てる社員が多い。

「飲み会は日常茶飯事で、上司が気を使って定時上がりにするケースもしばしば。〈アフターファイブは遊ぶぞ!〉という社員にはいいが、バリバリ仕事をしたいという人には物足りないでしょうね。出産育児の時短勤務も16時には帰れますので、働き続ける女性も多いです」(Aさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る