【京阪電気鉄道】大手の余裕で社員はアクセクしない

公開日:  更新日:

 中学1年の男女の命が奪われた事件の舞台となった寝屋川市駅は、京阪電気鉄道の主要ターミナルのひとつ。

 同社で働くAさん(34)は「年収は650万円でボーナスは5.5カ月。組合員であれば年功序列で昇給します」と満足顔。

「鉄道部門であれば、ほぼ激務はなく、ぬるい感じがするかも。大手の割に給与が少ないと言われますが、社費で大学院に通わせてもらえたり、スキルアップの補助が出たりするので勉強をしたいという人にはうってつけの会社ですね」と話す。

 福利厚生では京阪グループの商品が購入できるカフェテリア制度を利用し、食事や宿泊、旅行券に充てる社員が多い。

「飲み会は日常茶飯事で、上司が気を使って定時上がりにするケースもしばしば。〈アフターファイブは遊ぶぞ!〉という社員にはいいが、バリバリ仕事をしたいという人には物足りないでしょうね。出産育児の時短勤務も16時には帰れますので、働き続ける女性も多いです」(Aさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る