• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【京阪電気鉄道】大手の余裕で社員はアクセクしない

 中学1年の男女の命が奪われた事件の舞台となった寝屋川市駅は、京阪電気鉄道の主要ターミナルのひとつ。

 同社で働くAさん(34)は「年収は650万円でボーナスは5.5カ月。組合員であれば年功序列で昇給します」と満足顔。

「鉄道部門であれば、ほぼ激務はなく、ぬるい感じがするかも。大手の割に給与が少ないと言われますが、社費で大学院に通わせてもらえたり、スキルアップの補助が出たりするので勉強をしたいという人にはうってつけの会社ですね」と話す。

 福利厚生では京阪グループの商品が購入できるカフェテリア制度を利用し、食事や宿泊、旅行券に充てる社員が多い。

「飲み会は日常茶飯事で、上司が気を使って定時上がりにするケースもしばしば。〈アフターファイブは遊ぶぞ!〉という社員にはいいが、バリバリ仕事をしたいという人には物足りないでしょうね。出産育児の時短勤務も16時には帰れますので、働き続ける女性も多いです」(Aさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

もっと見る