小沢一郎氏怒らせた社会学者も “NIS”人間につけるクスリ

公開日: 更新日:

 突拍子もないことを口にする人間は、どこにもいる。

 ネット動画の党首討論で司会を務めた社会学者の古市憲寿氏もそのひとり。

 激論を遮って突然、生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎代表に「再婚相手は見つかったか」と質問。場違いな問いかけに小沢氏はスルーしたが、スタッフからペーパーを渡されると、「読んだ方がいいですか?」と相手を逆なでするように前置きして謝罪文を読み上げつつも持論を展開。これに対し小沢氏は、「お詫びをするならするで、きちんとしなさい」と激高した。

 報道で騒動を知った人も含めて古市氏は“炎上状態”。「私も、このタイプには手を焼きました」と言うのは、ビジネスコンサルタントの横山信治氏。SBIモーゲージ元取締執行役員常務で、延べ1000人の部下を指導した実績を持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る