ファンキー加藤もクリーンが売リ 泥沼“ゲス不倫”の心理学

公開日: 更新日:

 友人の妻とダブル不倫した揚げ句に妊娠までさせていた元「ファンキーモンキーベイビーズ」のボーカル、ファンキー加藤(37)。加藤は謝罪会見を開いたが、ファンは「本当に最低」などとすっかり失望している。

 それも当然で、加藤といえば、ファンモン時代から「友情」や「愛情」をテーマにした曲を臆面もなくさわやかに歌いまくっていたのに「ゲス不倫」の極みだ。

 ガッカリするのも無理はないが、不思議なのは加藤しかり、ゲス不倫で今年話題になった人物はすべて「クリーン」を売りにしていたことだ。

 タレントのベッキーはむろんのこと、“イクメン”の宮崎謙介元衆院議員、都の教育委員までしていた作家の乙武洋匡氏もそう。さわやかイメージとはかけ離れたドロドロの不倫劇を演じていた。何かワケがあるのか。

 心理学博士の鈴木丈織氏は「あくまで一般論ですが」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る