ファンキー加藤もクリーンが売リ 泥沼“ゲス不倫”の心理学

公開日:  更新日:

 友人の妻とダブル不倫した揚げ句に妊娠までさせていた元「ファンキーモンキーベイビーズ」のボーカル、ファンキー加藤(37)。加藤は謝罪会見を開いたが、ファンは「本当に最低」などとすっかり失望している。

 それも当然で、加藤といえば、ファンモン時代から「友情」や「愛情」をテーマにした曲を臆面もなくさわやかに歌いまくっていたのに「ゲス不倫」の極みだ。

 ガッカリするのも無理はないが、不思議なのは加藤しかり、ゲス不倫で今年話題になった人物はすべて「クリーン」を売りにしていたことだ。

 タレントのベッキーはむろんのこと、“イクメン”の宮崎謙介元衆院議員、都の教育委員までしていた作家の乙武洋匡氏もそう。さわやかイメージとはかけ離れたドロドロの不倫劇を演じていた。何かワケがあるのか。

 心理学博士の鈴木丈織氏は「あくまで一般論ですが」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る