トラブル相談は10倍に 通販の「お試し」試してはいけない

公開日:  更新日:

 テレビCMでもお馴染み、通販の「お試し」が、お試しで済まなかった――そんなトラブルが急増している。国民生活センターに寄せられた昨年度の相談件数は5620件で、2014年度の3倍、11年度の10倍。今年度も4、5月の2カ月で1586件と、昨年度を上回る勢いだ。

 実際の相談内容はこんな感じだ。

〈初回のお試し価格500円で申し込んだら、請求書に「5回以上継続しないと解約できない」とあった。注文画面を確認すると、下の方に小さな文字でその旨、書かれていた〉

〈業者に解約の電話をしても、混んでいてつながらない。メールをしても反応がない〉

 お試しのつもりが、いつの間にか定期購入……そんなトラブルが急増しているのだ。国民生活センターの担当者が言う。

「小さな記載でも契約になります。『お試し』をうたっていても、契約内容や解約条件をしっかり確認すべきです。もっとも小さすぎる記載や、サイトの注文画面から離れた場所に記載されている場合は無効になることもある。また、解約を電話のみで受け付ける業者が多いので要注意です。電話がつながらないのは違法ではない。解約を申し出ようにもつながらず、本契約になってしまう場合もあります。電話番号が複数ある業者なら、ほかの番号にかける方法もあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る