トラブル相談は10倍に 通販の「お試し」試してはいけない

公開日:  更新日:

 テレビCMでもお馴染み、通販の「お試し」が、お試しで済まなかった――そんなトラブルが急増している。国民生活センターに寄せられた昨年度の相談件数は5620件で、2014年度の3倍、11年度の10倍。今年度も4、5月の2カ月で1586件と、昨年度を上回る勢いだ。

 実際の相談内容はこんな感じだ。

〈初回のお試し価格500円で申し込んだら、請求書に「5回以上継続しないと解約できない」とあった。注文画面を確認すると、下の方に小さな文字でその旨、書かれていた〉

〈業者に解約の電話をしても、混んでいてつながらない。メールをしても反応がない〉

 お試しのつもりが、いつの間にか定期購入……そんなトラブルが急増しているのだ。国民生活センターの担当者が言う。

「小さな記載でも契約になります。『お試し』をうたっていても、契約内容や解約条件をしっかり確認すべきです。もっとも小さすぎる記載や、サイトの注文画面から離れた場所に記載されている場合は無効になることもある。また、解約を電話のみで受け付ける業者が多いので要注意です。電話がつながらないのは違法ではない。解約を申し出ようにもつながらず、本契約になってしまう場合もあります。電話番号が複数ある業者なら、ほかの番号にかける方法もあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る