受験生の親は必読 「大学選び」の注意点を専門家が指南

公開日:  更新日:

 夏休みシーズン。ちびっ子たちは大はしゃぎだが、高3の受験生たちはこれからが大学受験本番。息子や娘の進路に気が気じゃない親も多いだろう。折しもオープンキャンパスがスタート。希望の大学を見学するため、地方から親子連れで上京する学生もいる。

 そんな中、大学アナリストの斎藤健一郎氏が、こう警鐘を鳴らす。

「私が受験生の親なら、オープンキャンパスを頻繁に開催している大学はまず敬遠させますね。受験させません。要するに学校に魅力が少ないから“客寄せ”のために、受験生を引き付ける派手なイベントを何度も開催するんです。少なくとも年に6回以上開催しているような大学は、真っ先に志望校から外させます」

 子供の幸せな人生を願わない親はいない。そのためには大学選びが肝心で、少子化もあって進学動向が変わりつつある今こそ慎重になるべきだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る