甲子園地区予選を席巻 “ハーフ球児”スカウティングの裏側

公開日: 更新日:

 真っ盛りの夏の高校野球地方大会でハーフ選手たちが躍動している。

 まずは横浜(神奈川)の怪物1年生・万波中正外野手。19日の神奈川大会3回戦でバックスクリーン直撃の135メートル弾を放ち、ネット裏の日米スカウトの度肝を抜いた。

 190センチ、92キロ。コンゴ共和国出身の父と日本人の母の間に生まれた。この夏は2試合で6打数4安打1打点だ。中学時代は東練馬シニアに所属。

 投手として最速138キロをマークし、全国4強。多くの強豪校から声がかかる中、横浜の金子部長が熱心に通って口説いたという。

 ノーシードの市川越(埼玉)は18日の4回戦で、昨秋と今春の埼玉王者・浦和学院を1-0で下した。立役者は左腕のメンディス海投手(2年)。8回を5安打無失点の好投で、打っても三塁打を放ち、決勝のホームを踏んだ。父はスリランカ人、母は日本人である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る