甲子園地区予選を席巻 “ハーフ球児”スカウティングの裏側

公開日: 更新日:

 真っ盛りの夏の高校野球地方大会でハーフ選手たちが躍動している。

 まずは横浜(神奈川)の怪物1年生・万波中正外野手。19日の神奈川大会3回戦でバックスクリーン直撃の135メートル弾を放ち、ネット裏の日米スカウトの度肝を抜いた。

 190センチ、92キロ。コンゴ共和国出身の父と日本人の母の間に生まれた。この夏は2試合で6打数4安打1打点だ。中学時代は東練馬シニアに所属。

 投手として最速138キロをマークし、全国4強。多くの強豪校から声がかかる中、横浜の金子部長が熱心に通って口説いたという。

 ノーシードの市川越(埼玉)は18日の4回戦で、昨秋と今春の埼玉王者・浦和学院を1-0で下した。立役者は左腕のメンディス海投手(2年)。8回を5安打無失点の好投で、打っても三塁打を放ち、決勝のホームを踏んだ。父はスリランカ人、母は日本人である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  7. 7

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  8. 8

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る