元メガバンク面接官が明かす「就職に強い」意外な学部

公開日: 更新日:

 来年3月卒業予定の学生の就活が本格化している。もっとも、筆記や面接の選考が始まったばかりとはいえ、解禁日(6月1日)の内定率は54.9%(「2017年卒キャリタス就活 学生モニター調査」)という。すでに多くの学生が就活を終えている。その多くは東大、京大、早慶大などの学生だが、そんな有名大学に引けをとらず就職で強さを発揮する“異色学部”もある。「大学就職課発!! 目からウロコの就活術」の著者で、音楽之友社のホームページで「目からウロコの就活・キャリアQ&A」を連載する元メガバンク支店長の大内孝夫氏に聞いた。

 大内氏は長年、学生の採用に関わった後、2013年から武蔵野音大の就職課主任も務めている。音楽学部と大学院のみで構成される同校は、この3年でメガバンク、生損保、航空会社、鉄道、総合商社、市役所など、幅広い分野に卒業生を送り込んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る