元メガバンク面接官が明かす「就職に強い」意外な学部

公開日:  更新日:

 来年3月卒業予定の学生の就活が本格化している。もっとも、筆記や面接の選考が始まったばかりとはいえ、解禁日(6月1日)の内定率は54.9%(「2017年卒キャリタス就活 学生モニター調査」)という。すでに多くの学生が就活を終えている。その多くは東大、京大、早慶大などの学生だが、そんな有名大学に引けをとらず就職で強さを発揮する“異色学部”もある。「大学就職課発!! 目からウロコの就活術」の著者で、音楽之友社のホームページで「目からウロコの就活・キャリアQ&A」を連載する元メガバンク支店長の大内孝夫氏に聞いた。

 大内氏は長年、学生の採用に関わった後、2013年から武蔵野音大の就職課主任も務めている。音楽学部と大学院のみで構成される同校は、この3年でメガバンク、生損保、航空会社、鉄道、総合商社、市役所など、幅広い分野に卒業生を送り込んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る