元メガバンク面接官が明かす「就職に強い」意外な学部

公開日: 更新日:

 来年3月卒業予定の学生の就活が本格化している。もっとも、筆記や面接の選考が始まったばかりとはいえ、解禁日(6月1日)の内定率は54.9%(「2017年卒キャリタス就活 学生モニター調査」)という。すでに多くの学生が就活を終えている。その多くは東大、京大、早慶大などの学生だが、そんな有名大学に引けをとらず就職で強さを発揮する“異色学部”もある。「大学就職課発!! 目からウロコの就活術」の著者で、音楽之友社のホームページで「目からウロコの就活・キャリアQ&A」を連載する元メガバンク支店長の大内孝夫氏に聞いた。

 大内氏は長年、学生の採用に関わった後、2013年から武蔵野音大の就職課主任も務めている。音楽学部と大学院のみで構成される同校は、この3年でメガバンク、生損保、航空会社、鉄道、総合商社、市役所など、幅広い分野に卒業生を送り込んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る