3月に次ぐ多さ 「高1の中退」はなぜ10月に増えるのか?

公開日:  更新日:

 夏休み明けのこの時期は、高校をドロップアウトする生徒が増える。国立教育政策研究所の「公立高等学校の中途退学発生プロセスについての調査研究(中間報告)」によると、高1生の中退者は3月、10月、6月の順に多いという。10月は3月に次いで2番目だが、中学時代に不登校の傾向があった子供は、この時期に中退する確率が高くなるという。

 都内の私立高校に通う1年生女子が言う。

「規則が厳しすぎてつらい。チャイムが鳴り始めるまでに着席していないと、素行不良としてチェックされる。宿題がわからなくてできないのもチェック要素。そうやってチェックを重ねると、留年。私、チェックが多いから先生に嫌われてるんです(笑い)」

 彼女も中学時代は不登校で、なんとか偏差値40ほどの高校に入学したが、中学時代に集団生活になじめなかったこともあり、余計につらさを感じるという。2、3年生は、そういうチェックがなくなるため、学校側が1年生の段階で締め付けを強め、素行の悪い生徒を振り落とそうとする“戦略”にも見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る