3月に次ぐ多さ 「高1の中退」はなぜ10月に増えるのか?

公開日: 更新日:

 夏休み明けのこの時期は、高校をドロップアウトする生徒が増える。国立教育政策研究所の「公立高等学校の中途退学発生プロセスについての調査研究(中間報告)」によると、高1生の中退者は3月、10月、6月の順に多いという。10月は3月に次いで2番目だが、中学時代に不登校の傾向があった子供は、この時期に中退する確率が高くなるという。

 都内の私立高校に通う1年生女子が言う。

「規則が厳しすぎてつらい。チャイムが鳴り始めるまでに着席していないと、素行不良としてチェックされる。宿題がわからなくてできないのもチェック要素。そうやってチェックを重ねると、留年。私、チェックが多いから先生に嫌われてるんです(笑い)」

 彼女も中学時代は不登校で、なんとか偏差値40ほどの高校に入学したが、中学時代に集団生活になじめなかったこともあり、余計につらさを感じるという。2、3年生は、そういうチェックがなくなるため、学校側が1年生の段階で締め付けを強め、素行の悪い生徒を振り落とそうとする“戦略”にも見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る