東京23区公立小学校別「平均世帯年収」トップの顔ぶれ

公開日:  更新日:

 小学校別の世帯年収とはいやらしい気もするが、現実問題として周辺住人の収入レベルは引っ越しする際の重要な指標になったりする。

 そこで、住まいサーフィンの「スタイルアクト」が公立小学校別の平均世帯年収を算出した。予想通り、世帯年収の高い学区に立つマンションは、より高値で取引されているようだ。

 調査結果によると、東京23区で最も平均世帯年収が高い学校は、港区元麻布の南山小学校(児童数137人)だ。平均年収は驚きの1005万円。近くには公務員宿舎もあり、高級官僚の優秀な子弟も多い。

「南山小学校は、学区内に六本木ヒルズや元麻布ヒルズが多く立ち並んでいます。港区では他に、学校選択制で最も倍率の高い御成門小(平均年収893万円)や白金小(同865万円)、高輪台小(同781万円)も上位にランクインしています」(スタイルアクト担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る