• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サツマイモ収穫期の九州を台風直撃 芋焼酎の生産に影響は

 今年の忘年会は芋焼酎が飲めない――そんな不安がよぎる。

 20日に鹿児島県に上陸し、九州に被害をもたらした強い台風16号。鹿児島県枕崎市では1時間に115ミリ、宮崎市では110.5ミリと観測史上最大の雨量を記録し、最大瞬間風速も各地で40メートルを超えた。

 直撃した九州南部は焼酎の大産地。帝国データバンクによると、2015年度の上位50社の焼酎売り上げ計2804億円のうち、宮崎、鹿児島、大分の上位3県が2368億円という寡占状態だ。しかも9月は原料のサツマイモの収穫がちょうど始まる時期でもある。いま収穫しているサツマイモが焼酎になって出回るのは年末ごろだけに、心配だ。

「鹿児島は台風の直撃が多いところです。だから芋の栽培が盛んになりました。地中を根がはうサツマイモは“風”で飛ぶことはありません。大雨で水がたまると腐ってしまうのですが、鹿児島は火山灰が堆積してできたシラス台地。やせた土地ですが、水はけは抜群です。台風による豪雨で芋焼酎の生産に支障を来したという話はこれまで聞いたことがない。今回も被害の報告はありません」(鹿児島県酒造組合)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る