炎上→閉店→返金…セコさ極まる居酒屋のボッタクリ手口

公開日:  更新日:

 昨年末、ネットで炎上したボッタクリ居酒屋が料金の返金を決めた。問題の店は「風物語新宿店」。同店で飲食した客が不当な料金を請求されたことをネットで公開。ブログが炎上したため、運営会社の「海野屋」は12月30日にこの店を閉じて、今月4日、チャージ料などの過剰請求分を返金すると発表した。

 同社に問い合わせたところ、「書面を出して欲しい」とのこと。そこで20項目の質問状を送ると「コメントを差し控えさせていただきます」と木で鼻をくくったような回答である。

 飲食店関係者が言う。
「海野屋は風物語のほかに『四季菜』など約10店舗を運営。今回の客は5人で利用したのに6人分のお通しを取られ、席料とは別に7000円を超えるチャージ料まで請求された。当日は別の客もレジで文句を言っていました。おそらく、街頭の呼び込みによって連れ込まれたのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る