社会二極化の象徴か 「高級紙おむつ」が戦国時代へ突入

公開日:

 ユニ・チャームは25日、同社の子ども用紙おむつの最上級品「ナチュラルムーニー」を発売する。赤ちゃんの肌が触れるシートに無農薬栽培の木綿を配合、表面に塗る添加剤は植物由来のものを採用という、至れり尽くせりの自然派志向製品だ。

 市場想定価格はSサイズ(60枚)で税込み1400円前後、つまり1枚23・3円ナリ。「通販サイトの売れ筋で安いものだと1枚15円程度」(業界関係者)というから、かなりの“高級品”といえる。

 1日4枚で3年間使うとして、ナチュラルムーニーなら総額10万2054円。15円なら6万5700円だから、その差は歴然だろう。

「高級で快適なものほど“おむつ外し”が遅くなる傾向にある。幼稚園に入園してもおむつが外れないなんて子も珍しくないようです」(前出の業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る