社会二極化の象徴か 「高級紙おむつ」が戦国時代へ突入

公開日: 更新日:

 ユニ・チャームは25日、同社の子ども用紙おむつの最上級品「ナチュラルムーニー」を発売する。赤ちゃんの肌が触れるシートに無農薬栽培の木綿を配合、表面に塗る添加剤は植物由来のものを採用という、至れり尽くせりの自然派志向製品だ。

 市場想定価格はSサイズ(60枚)で税込み1400円前後、つまり1枚23・3円ナリ。「通販サイトの売れ筋で安いものだと1枚15円程度」(業界関係者)というから、かなりの“高級品”といえる。

 1日4枚で3年間使うとして、ナチュラルムーニーなら総額10万2054円。15円なら6万5700円だから、その差は歴然だろう。

「高級で快適なものほど“おむつ外し”が遅くなる傾向にある。幼稚園に入園してもおむつが外れないなんて子も珍しくないようです」(前出の業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る