高宮布から近江上布へ変遷し生き残る技

公開日: 更新日:
名前を変えて生き続けてきた(C)日刊ゲンダイ

 室町時代から麻織物の産地として知られる滋賀県の湖東地方。江戸時代には奈良晒や越後縮と並ぶ良質な麻織物「高宮布」の産地として地位を築いた。「高宮布は、江戸時代には彦根藩の井伊家の献上品として、保護されていました」(近江上布・伝統工芸士の南和美さん)

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    長女も高級ブランド路線…工藤静香に指摘される“バブル臭”

もっと見る