日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高宮布から近江上布へ変遷し生き残る技

名前を変えて生き続けてきた(C)日刊ゲンダイ

 室町時代から麻織物の産地として知られる滋賀県の湖東地方。江戸時代には奈良晒や越後縮と並ぶ良質な麻織物「高宮布」の産地として地位を築いた。「高宮布は、江戸時代には彦根藩の井伊家の献上品として、保護されていました」(近江上布・伝統工芸士の南和美さん)

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事